Event is FINISHED

ファブ地球社会/創造的生活者シンポジウム

Description

「いま、わたしたちに必要なオープンイノベーションとは」


開催趣旨

社会の成熟化や高齢化に伴い、生活者ニーズの多様化が進んでいる現在の日本社会においては、要望にきめ細かく即時的に対応できる「デジタルものづくり」の活用や、ネットワークを通じたものづくり設計図の共有、共通の課題解決を指向するコミュニティの醸成について広く考えていく必要があります。

本シンポジウムでは、デジタルものづくり分野における人々の感性の発揮や、多様な現場への3Dプリンタの導入、産業と文化を越境した「ものづくりコミュニティ」の登場などをテーマとしながら、市民・大学・企業・政府にとっての今後の取り組みについて論じます。

検討にあたっては、日本で産学連携・大学横断のオープンイノベーションに取り組む第一線の研究者に加えて、国内外でインクルーシブ・デザインの先端を切り拓くジュリア・カセム氏、オープンソース3DプリンターRepRapの生みの親であるエイドリアン・ボイヤー氏、3DプリンタのためのデータプラットフォームShapewaysの顧問弁護士であり、オープンソース・ハードウェア協会の理事長でもあるマイケル・ワインバーグ氏と、国際的な視野を得る上で示唆に富む登壇者を迎えます。

人間の感性に関する新たな知見、デジタルものづくりの未来形、新たなコミュニティから生まれる共創(コ・クリエーション)価値に関心をお持ちのみなさまの幅広い参加をお待ちしています。

なお、3/3―3/4に、同キャンパスで「第2回 国際デジタルファブリケーション学会 (2nd International Conference on Digital Fabrication)」が開催されます。国際学会へのご参加もこちらで同時にお申し込みいただけます。 (国際学会の参加は有料、講演はすべて英語となります。)


開催概要

正式名称:第2回 ファブ地球社会/創造的生活者シンポジウム
主催: 感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点(文部科学省Center of Innovationプログラム)
日時:2016年3月5日(土)| 10:00-12:00(研究展示) | 13:00-17:30(シンポジウム)
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス
会場:西校舎ホール
参加:参加費無料・事前登録推奨
※同時通訳レシーバーをご用意するため、レシーバーが必要な方は事前の登録をお願いいたします。
言語:日本語および英語(招待講演者)

登壇者(予定)

招待講演
ジュリア・カシム(京都工芸繊維大学)
エイドリアン・ボイヤー(RepRap Ltd)
マイケル・ワインバーグ(Shapeways, Inc.)

研究報告・ディスカッション
松原健二(株式会社 ロングフェロー/COIプロジェクトリーダー)
村井純(慶應義塾大学/COI研究リーダー)
長田典子(関西学院大学)
荒川薫(明治大学)
江渡浩一郎(産業技術総合研究所)
古川英光(山形大学)
田中浩也(慶應義塾大学)
小林茂(情報科学芸術大学院大学)
渡辺智暁(慶應義塾大学)


※プログラムなど詳細はPeatix上のこのページおよび慶應義塾大学内のページで追ってお知らせいたします。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-02-26 05:45:05
More updates
Sat Mar 5, 2016
10:00 AM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般参加(同時通訳レシーバー使用)
一般参加(レシーバーなし)
ご招待者・関係者
国際会議同時参加(ICDF2016) ¥12,000

On sale until Feb 29, 2016, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都港区三田2-15-45 Japan
Organizer
COI ファブ地球社会創造拠点
210 Followers
Attendees
260 / 420